中標津観光のご案内

ホーム » 中標津観光のご案内

広大な大地、牧歌的な風景、どこまでも続く道――。中標津町の大自然をあなたも満喫してみませんか?

中標津町は、北海道の東部、根釧大地の真ん中に位置し、人口2万3千人に、牛の数約3万7千頭と、人の数より牛の数の方が多い、道内でも有数の酪農のまち。「ミルクロード」と名づけられた、牧場を横切る長い直線道路や、330度の視界で風景を見渡せる大パノラマ「開陽台」などが、ライダー達や観光客の人気の的です。

STVラジオ みのや雅彦のときめきワイド“1月の特集 市町村・中標津町”企画から生まれた『モォーッと中標津』

モォーッと中標津

なかしべつミルクロード

圧倒的な緑の大地とちらばる牛たち。ふと気付くと一本の道、広がる牧草地帯をどこまでものびるミルクロード。北海道の中でも道東は特別の風景です。あなただけのお気に入りのミルクロードもきっと見つかるはず。

広い牧草地帯を縦横に走る長い直線道路は根釧原野開拓の歴史を物語っています。

写真:ミルクロード

●根室の酪農について

中標津町は根室管内に所属します。
根室の農業はその冷涼な気候のもと、畑作と軍馬を始めとした馬産が中心でした。
その後産業構造の変化もあり馬産は衰退します。
昭和30年代には根釧パイロットファーム建設事業、昭和40年代からの新酪農村建設事業などがすすめられ、先人の苦難と努力の結果この地に一大酪農郷が花開きます。
今や根室管内は北海道の牛乳生産量の20%、全国でも8%のシェアを有し、まさに日本一の酪農地帯です。

写真:牧場

↑ Page Top

開陽台

開陽台は遠足などで町民にとっても思い出の場所。
330度の大展望は、最初北海道を訪れるライダーを中心に口コミで全国に知られるようになりました。
ライダーにとっていまや北海道を語るのに欠かせないところなのです。

ここからは、広がる牧草地帯はもちろん、遠くは洋上の国後島まで見渡すことができます。
晴れた夜、星空を見上げるのも最高。きらめく星空に吸い込まれそうになります。こうなれば開陽台からの日の出も見たい。ぜひ一度体験してください。
根釧大地には2001年北海道遺産に選定された格子状防風林がはりめぐらされています。

営業時間 4月末~10月末の9:00~17:30
入場料  無料

写真:開陽台

●格子状防風林

この地域に計画的に配置された縦横に走る林の風景です。
2001年北海道遺産に選定されました。格子状防風林はスペースシャトルから撮影されたようにスケールの大きなものです。防風効果だけでなく今後さまざまな活用が期待されます。

写真:格子状防風林

↑ Page Top

モアン山

中標津のモアン山。その姿を見て、日本にこんな風景が存在するんだと感動。
その呼び名を知り、記憶の深いところへ入り込み忘れられなくなる。
中標津の風景を考えるとき、ミニチュア・エアーズロックのような「モアン」の存在がますます大きくなるような気がします。

↑ Page Top

裏摩周

養老牛温泉から車で20分、神秘の湖摩周湖を弟子屈町とは逆のポイントから眺めることができます。

霧が少なく、原生林の森に囲まれた湖と摩周火山・カヌイヌプリに出会うことができます。

写真:裏摩周

↑ Page Top

道立ゆめの森公園

4月からはゆめの森公園でもラ・レトリなかしべつのソフトクリームを味わうことができます。

根室中標津空港

空港内売店グリーンショップではラ・レトリなかしべつののむヨーグルト、アイスクリーム、ソフトクリームをお買い求めいただけます。

川北牧草地

丘陵の牧草地ではなくまったく平面に見える広さの見当がつかない広大な牧草地。
武佐山を背景に思わず見入ってしまいます。

  • 写真:道立ゆめの森公園
  • 写真:川北牧草地
  • 写真:森林公園

↑ Page Top

ハリストス正教会

北海道に8ヶ所あるロシア正教の教会の一つ。
現在の会堂は三代目であり、『生神女誕生会堂』と呼ばれている。
現上武佐教会は根室および北方領土に深い関係を持った教会。
山下りんの12大祭の聖絵像がある。

北海道標津郡中標津町南町九線西1 電話:0153-74-2169
※大型バス駐車可・見学無料 拝観には事前の予約が必要です。

写真:ハリストス正教会

↑ Page Top

武佐の牧場

ラ・レトリなかしべつが使用する生乳は武佐岳の麓のこの牧場からも運ばれてきます。

牛たちは美味しい水と空気、広い大地でのびのびと暮らしています。
ラ・レトリなかしべつの使用する生乳は、こんな牧場で育つ牛たちからの恵みなのです。

写真:武佐の牧場

↑ Page Top

養老牛温泉

約300年前に発見されアイヌの人々が利用していたのが始まりとのこと。
大正から昭和30年~40年にかけて現在の温泉街の基礎がつくられます。
近くには、戦後つくられた無料の混浴露天風呂「カラマツの湯」があります。
中標津市街には「中標津保養所温泉旅館」「マルエー温泉」など人気の温泉宿があります。

↑ Page Top

ムツ牧場

中標津にはムツゴロウ動物王国のムツ牧場があります。
待っているのはこの牧場で生まれ育った性格の穏やかな馬たち。
リーズナブルな料金設定でお子様でもご年配の方でもだれでも気軽に乗馬を楽しむことができます。(要予約)

↑ Page Top